ヘテロ な実験室(テルミンとバットディテクターへのこだわり)

mytheremin.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 08日

良質なテルミンを造りたい(4)

今回は”アンテナコイル”について


  良質なテルミンを造りたい(2) でテルミンのピッチ特性を各オクターブともほぼ同じような距離にするにはピッチ発振回路とアンテナとの間にアンテナコイルを入れると説明し、その効果をグラフ化して示しました。
テルミンの製作記事はweb上に沢山UPされていますが、アンテナコイルについての情報はほとんどありません。
そこで他からの転載では不都合が出るかも知れないので自分でE-waveの写真を撮りました。

a0154185_19591042.jpg

写真中央の3ヶのコイルがアンテナコイルです。
アンテナコイルとアンテナ継ぎ手の間は太めのメッキ線で配線されています、これは柔らかい線で配線すると配線が動いてピイッチ特性がづれるのを防ぐためと思われます。
以前webでアンテナコイルとアンテナの間に貼ってあるアルミ箔の働きについて議論されていた事がありますが、このアルミ箔にもピッチ特性を整える働きがあると考えられます。


  web上でアンテナコイルの実装状態が確認できる例として、はe-windsさんのweb中の開発秘話の中にe-winds製品版の内部と言う写真が出ており、ケースの右角に数個のコイルが確認できます。

  アンテナコイルについて詳しい説明が出ているのは
Silicon Chip August 2000 theremin kit modifications の中で 
Linearizing the pitch sensitivity として説明されています。

  しかし、具体的にどのようなコイルを実装したかについてはコイルの値や型名や写真などは見当たりません。
もっともなことで実際に製作してみると単純に何mHとは書き辛いところがあって発振回路の特性、発振周波数、共振回路のL/C比、アンテナの形状、アンテナコイルの特性(特にコイルの自己共振周波数や寄生容量)や実装方法、ケースの状態等がからんで最適な値を表示してもまったく同じものを造るのでなければ再現が難しいことが解ります。

★ それでは話にならないので参考程度に大雑把な値を示すとすれば、10mH位から数10mHの範囲で特性を確認しながら決めるというのが私の答えです。


参考
使用する周波数に対して自己共振周波数が低い場合や寄生容量が大きいコイルはアンテナコイルとして使用できません。
上の写真の例では空芯(コアーを使用しないボビンに巻かれている)の分割ハニカム巻きコイルが3ヶ直列に実装されています。
コイルを3ヶに分けたり、リツツ線を分割ハニカム巻きにするのは自己共振周波数や寄生容量による影響を減らすのに効果があると思われます、また空芯コイルはコアーを使用したコイルよりも温度特性が良いと思われます。
  
  しかしコアー入りコイルの場合は巻き数が少なくなることや小型にできるメリットがあります。
コアー入りコイルは巻き数が少なくなるので寄生容量が少なくなりそうですが市販のほとんどのコイルは巻き線がコアーにベタに巻きつけてあり、巻き線が各層で最下層の引き出し線と接触しておりテルミン用としては適さない場合が多いようです。
この場合も一ヶのコイルで調整しようとしないで複数のコイルに分けて実装すると良い場合があります。

  なお、電源ON後ピッチが安定しない場合は発振回路はもちろんアンテナコイルの温度特性も検討する必要があります。


次の写真は”ヘテロな実験室”で製作したテルミンのアンテナコイルの実装例です。
下記のお知らせの理由でモジュール化してあります。

a0154185_23344617.jpg

  

★ アンテナコイルが無くてもピッチ特性が良好なテルミンの例
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Lydia_kavina.jpg で
ロシアの代表的なテルミン奏者 Lydia Kavina さんの使用されているテルミン t-Vox (ロシア製)は現在は購入できないようですが、アンテナコイルと発振コイルが一体になったような回路と見受けられ独立したアンテナコイルはありませんが大変弾きやすいピッチ特性です。


★ お知らせ
へてろな実験室で製作したテルミンはテルミンの製作キットとして (完成品もあります) 販売しておりますが発振回路とアンテナコイルをモジュール化してアンテナとともに検査装置に実装して動作確認をして出荷しておりますので再現性が高くなっております。


次回はテルミンのケースの製作についてを予定しています。
----------------------------------------------------------------------------------------------
テルミンの製作記事(回路図等の製作データもあります)と販売のサイト
http://www.mb-labo.com
[PR]

by MB_theremin | 2010-03-08 23:38 | テルミン


<< テルミンのケース(角丸・丸木船...      良質なテルミンを造りたい(3) >>