ヘテロ な実験室(テルミンとバットディテクターへのこだわり)

mytheremin.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 16日

テルミンのピッチ特性をグラフにする

テルミンのピッチ特性は演奏してみて低い方と高い方の1オクターブの間隔が違うような気がすることを感じても客観的に知ることができません。
複数のテルミンとの比較も主観的な判断になってしまいます。
そこで以下のようにしてピッチ特性をグラフにすると良く判ります。

今回測定したピッチ特性のグラフ
a0154185_17523346.jpg

上のグラフで直線的な部分は各オクターブ間の移動距離がほぼ同じ間隔で弾き易い範囲であることを示しています。
グラフの線は発音可能な範囲となります、4オクターブ以上の範囲は弾き易い事が判ります。
グラフの横軸の長さはゼロポイントのとり方で変わります。

テルミンのピッチ特性は次のようにして測定します。
1.右手の指先とピッチアンテナの距離を測る。
2.その時発音している周波数を周波数カウンター等で測定する。
3.発音範囲で1と2を繰り返して表にする。
  測定ポイント数はオクターブ当り1、2点両端は各3点位測定します。
  直線的に変化する範囲はオクターブ1点でも良いです。
4.3で作った表を片対数グラフにする。

1ポイントの測定中に姿勢を変えると正確な測定ができないので実際の測定には色々な小道具とかノウハウが必要になります。
ボリュームコントロールの特性も同様にグラフにすることができます。
ピッチと違って左手を上下すれば反応が良く判るのでまだ試していません。

Youtubeに投稿したmrkattyanの最新の動画は ”VOL・音色動画ver1”

次回はテルミンのアースのとり方などについてを予定しています。

----------------------------------------------------------------------------------------------
テルミンの製作記事(回路図等の製作データもあります)と販売のサイト
http://www.mb-labo.com

Youtube 動画は mrkattyan に投稿
[PR]

by MB_theremin | 2010-04-16 18:02 | テルミン
2010年 04月 10日

これまでに製作したテルミンのケース

これまでにテルミンのケースを何種類か製作しました。

構造的には以下のようなタイプを製作しました。
1.Etherwaveのようにコの字型を2ヶ造って組み合わせるタイプ。
2.丸木船のように上から刳り貫いたような構造。
3.重箱のような箱を造って蓋(平板)を乗せるか兆番で止めるタイプ

材質は
木   : ファルタカ、ヒノキ、なら、ケヤキ など (左は柔らかく軽い木、右は堅くて重い木になります)。
樹脂 : アクリルなどがあります。
金属 : テルミンには適しません。

今回はケヤキの板材でテルミンのケースを製作しました(写真は塗装前)。
構造はコの字2ヶタイプです、木工ボンドで接着し内側に補強がしてあります。
カバーの止め穴をける前の写真です、正面と背面ににカバーの止めネジ2本づつ取り付けられます。
木部のみの寸法 :約 450×170×70 mm
a0154185_20105767.jpg


前回製作した丸木舟構造ケースです。
材料は本体はファルタカ板を4枚接着し内部は刳り貫いてあります、天板と合わせて5枚使用してあります。
塗装は水性着色ニス(ゴールデンオーク)。
木部のみの寸法 :約 450×150×65 mm
a0154185_20143395.jpg


こちらは”なら”材を使用したスリム(幅を狭くした)なケースです(塗装色はゴールデンオーク)。
箱型のケースに天板を兆番止めしてあります、止め具のドイツ錠は品切れで片方のみ取り付けてあります。
木部のみの寸法 :約 450×73×65 mm
a0154185_20233169.jpg


こちらはファルタカ材を使用した丸木船構造です(塗装色はマホガニ)。
操作パネルを上面にしてあります、天板は上部で木ビス止めしました。
a0154185_2024599.jpg


こちらは2つに折りたためるタイプになります(塗装色はケヤキ)。
材質はファルタカ板を使用し丸木舟構造です、操作パネルを上面にしてあります。
a0154185_20242133.jpg

折りたたんだ状態
a0154185_20242997.jpg


こちらはカバーにアクリル板を使用したスケルトン型です。
実験用に使用しています、写真は2台のポケットラジオで作るテルミンの試作時のもの。
a0154185_20243849.jpg




次回はテルミンのアースのとり方などについてを予定しています。

----------------------------------------------------------------------------------------------
テルミンの製作記事(回路図等の製作データもあります)と販売のサイト
http://www.mb-labo.com
[PR]

by MB_theremin | 2010-04-10 20:59 | テルミン